キッズウィル

広島初!発達障害・グレーゾーンのお子様に「読み・書き・そろばん」を主に、個人の特性に合わせた学習をサポートしているキッズウィルです!モンテッソーリ教育も取り入れています。

♬君たち女の子、僕たち男の子♪なんて歌を知らないよね~~、今日はそんな「性差」の話!!

投稿日:2018/1/12 更新日:

<今日は過去記事を再アップしています。>

休憩時間に、小麦粉粘土を渡したら、、、出来上がったのが↓こちら

↑女の子の作品です。

今からお見せするのは、男の子の作品。

ジャーーーン!!

近くに寄って

ぐーーっと引いて

どうやっても、何を作ったのかさっぱりわからない(;´▽`A``

男の子と女の子。同じ小麦粉粘土を渡したのですよ。

これが「性差」ですね。

女の子は自分だけでなく、他の人が見ても何を作ったかわかるように作ります。男の子は、他人の目なんか気にしない!!自分がしたいようにするだけ(@Д@;

男の子の方はね、一応ストーリーがありまして、あの「かたまり」にしか見えない物は「戦ったあと」だそうで(;^_^A

ですから、彼はとっても満足しているのです。楽しかったーーー!って。

よくね、男の子のママから聞くのです。「小麦粉粘土を買っても、ぜーーんぶ混ぜ合わせておしまい、だから買いたくないんです」わかります。わかります。

最初に掲げた、女の子のような作品だと、粘土も買う価値がありますよね。飾っておきたいくらいv(^-^)v

でもね、男の子のダイナミックさ、他人の目を気にせず作りたいものを作る。素晴らしいですよね!!

お母さんは、女の子だから「作品」として、置いておけるようなものを求めてしまいます。男の子も「作品」を作っていますよ。ただ、他者からはわからないだけ(;´▽`A``

「作品」の観点が違うだけなのですね。

そんな男の子と女の子の違いがわかれば、
・勉強の励まし方
・?りかた
も変わってくると思うのです。

あとね、男の子ってかなり幼い( ´艸`)

女の子なら馬鹿にするような、こんなグッズ↓↓も目の色を変えて、欲しがったりするし、、、ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

「同級生」って言っても、女の子の方がかなーーーり「年上」ですから。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ワタナベ
代表の渡辺千恵です。お子さんの学習面で心配や不安を感じたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

Copyright© キッズウィル , 2016-2019 All Rights Reserved.