キッズウィル

広島初!発達障害・グレーゾーンのお子様に「読み・書き・そろばん」を主に、個人の特性に合わせた学習をサポートしているキッズウィルです!モンテッソーリ教育も取り入れています。

「聴覚過敏」を軽減できるイヤーマフをご存知でしょうか?

投稿日:2018/1/6 更新日:

発達凸凹のお子さんの特性に、「聴覚過敏」がありますね。「聴覚過敏」は、私たちは普通に思える「音」も、耳元で電車が過ぎるような音(爆音と言っていいくらいの大きな音)に聞こえたりすることです。

特に、「自閉症スペクトラム」のお子さんに多いとされています。また、「カクテル現象」といって、すべての音が同じように聞こえるのも特性の一つですね。

この特性を持つと、先生の話を聞きたいのに、窓の外の鳥のさえずりや、隣の子の鼻をすする音、カーテンがはためく音などが、同じボリュームで入ってくるので、聞くことがしんどくなります。

私たちの耳は自然に、重要な音とそうでない音を聞きわけていて、人の話がすんなりと聞けるわけです。

(ほら、子どもの声がかわいいーーとおもって、ビデオを回したら、意外とテレビの音が大きく入っていて驚いたことありませんか?テレビの音を自然にフィルターにかけていたのですね)

この嫌な音をを軽減したり、人の話(だけ)を聞き取れるように作られたものが「イヤーマフ」です。(軽減効果は個人差があります)うちの教室のお子さんも使っています。

(掲載の許可を頂いております)

年長さんの男の子です。イヤーマフを付けながら公文の「日本地図パズル」とポプラ社の「日本地図カルタ」をあわせて、学習しています。

この「イヤーマフ」の効果は、先ほど述べた「音の軽減」もありますが、イヤーマフを付けるだけで「落ち着く」効果もあるのでは?と、感じています。

持っているだけでも安心できるようです。(お母様もそのように言われていました)

ワタナベ
代表の渡辺千恵です。お子さんの学習面で心配や不安を感じたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

Copyright© キッズウィル , 2016-2019 All Rights Reserved.