キッズウィル

広島初!発達障害・グレーゾーンのお子様に「読み・書き・そろばん」を主に、個人の特性に合わせた学習をサポートしているキッズウィルです!モンテッソーリ教育も取り入れています。

去年の今日‼私、こんな記事を書いていました!参考にしてみて~(とっても良い記事よ!)と相変わらず

投稿日:2018/1/29 更新日:

小学一年生のお子さんをお持ちなら、何度も手にした「計算カード」。

うちの子、嫌いなんです!と言う方、手を上げて!!

はい、結構いらっしゃいますねぇー(;^_^A

10までのたし算・ひき算ならなんとかやるんですけど、くり上がりやくり下がりが出てくると、途端に嫌がります!!うんうん、わかります!

そんな時は、そんな時は、手伝っちゃいましょう!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

(来た来た、ワタナベの手伝っちゃいましょうシリーズ>いつの間にシリーズ化したの?( ̄□ ̄;))

はい、手伝っちゃいましょう!!(大事な所だから、二回言いましたよ!!)

手伝うって?

そう、まずは、

1・めくるのを手伝う!!

計算をするのが宿題なのに、めくるのが上手くいかず、「キーー\(*`∧´)/」ってなってませんか?そんな時は、お母さんはそっとめくってあげましょう(^∇^)

2・答が出る前に、カードをめくる

え━━━(゚o゚〃)━━━!!!それじゃあ、答えがまるわかりじゃないですか?っていう、ママさんの声が聞こえてきます。

そうなんです。いちいち考えさせているから、時間がかかって、面白くないんです。やりたくなくなるのです( ̄_ ̄ i)

計算カードは、テンポよく、ハイっ、次!ハイっ、次!って進むのがベスト。そして、毎日やっていると、最初は答えを見ながらやっていたお子さんも、そのうち答えを覚えてきます。(これ、本当です!!)

テンポよく、ものの2・3分で終わらせましょう!!そしたら、わが子も、ママさんもストレスフリー!!ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

うーーーん、だけど、ママさん、心配ですよね。計算力がついているかどうか?そうですね、そんな時は、これ↓↓

「計算ドリル!!」

これも、ほぼ毎日のように宿題になっているはず。問題をノートに写して、答を考えてやってますよね。 この、問題を考える時は、じっくり、じっくり、本人の力でやらせましょう。(指を使っても、おはじきを使っても)

そして、ここは計算をじっくり考えさせるために、以前書きましたけど、線がものさしで上手く引けないお子さんには、やっぱりママさんが、そっと手伝ってあげましょう。計算問題に集中させてあげましょう!!

全部自分でやりなさい!!はい、私もそう思います!!でもね、計算カードのめくるのがうまくいかず、考え考え答えると時間がかかり、やっとドリルにたどり着いたと思ったら、線がうまく引けず、、そりゃ、宿題が嫌になりますって。㌦ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!

毎日の宿題が、少しでも、ほんの少しでも、ストレスが無くなれば。そんな思いで、今日のブログは書きました。

ここから下は勇気のある人だけお進みください!!(今日の本文とは全く関係ありません!!)

最近、こんなのがあるのねv(。・ω・。)ィェィ♪

ワタナベがとってもかわいいから見て!見て!!

消すって言いながら、今まで残してます(笑)

ワタナベ
代表の渡辺千恵です。お子さんの学習面で心配や不安を感じたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

Copyright© キッズウィル , 2016-2019 All Rights Reserved.