キッズウィル

広島初!発達障害・グレーゾーンのお子様に「読み・書き・そろばん」を主に、個人の特性に合わせた学習をサポートしているキッズウィルです!モンテッソーリ教育も取り入れています。

全国学力テストの点を見て、ショックなお母さん‼!こっちをやってみませんか?

投稿日:2018/3/7 更新日:

文部科学省が実施している「全国学力・学習状況調査」の結果をもらいましたか?教室の生徒さんも、もらってきたようです。

で、のきなみ、母さんショックをうける!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ (いや、失礼な話だ、できてない前提でごめんなさい)

そりゃ全国の平均よりかなり低かったらショックですよね。(と、またまたできない前提・謝)

わかります!!うちの子大丈夫なのかしら?って、不安になる気持ちもわかります。でも、気にしなくていいです!!子どもさんには、「よく頑張ったねーー」とほめてあげてください!!

「でも、うちの子本当に、点が取れてないんです!!」と、言われるお母さんもいらっしゃるかも。

ちょっと聞いてみますね。かなり低い点を取ってきて(って、何度も失礼だけど・笑)、担任の先生から、具体的な学習指導がありました?

なかったでしょう!!たぶん渡されただけ(のはず)。具体的に「ここが弱いから、教科書のこの単元を復習してください」とか、「計算ドリルの○ページから○ページまでやりましょう」なんて言われました?

もう、そんなの、放っておきましょう!!それよりも、学年末の今は、こんな事をやってみませんか?

振り返り!!(=⌒▽⌒=)

学年末ですから、一年間のざっとおさらいをしてみましょう。

やり方は、教科書をめくりながら、「得意な単元・好きな単元」「苦手な単元・難しかった単元」を書きだすだけ。

小学4年生のお子さんです。

「算数」を書きだしていたら、「国語」や「理科」も書きだし始めました。

「算数」
得意な単元・好きな単元
・角の大きさ(分度器)
・分数(たし算・ひき算)
・展開図

苦手な単元
・2ケタ×2ケタの計算

「国語」
得意な単元
・木竜うるし

苦手な単元
・夢ロボット
・百人一首

「理科」
得意な単元
・ソーラーカー
・閉じ込めた空気(空気でっぽう)

苦手な単元
・水を温めた時の変化
・冬の星座

ここで子どもの声を聞きながら、感じたことがあります。

それは、「経験したことは得意」「身近なものは好き」。反対に、「経験していないことは苦手」「身近に無いものはわからない」ということ。

たとえば、「国語」の嫌いな単元に「百人一首」があります。これは、現代の言葉ではありませんので、身近な言葉ではないですね。ですから、どうしても取り組みに時間がかかります。

また、「理科」もソーラーカーや空気でっぽうを使って「経験した単元」は好きだし、よく覚えています。でも、手に取ることのできない「冬の星座」や実験していない。

「水の温まり方」などは、記憶にも残らない!!と言うことです。 なるべく、経験させておくと記憶に残るのですね。ですから、「冬の星座」も一度空を見上げておくだけでも違うはずです。

そんな私の反省も踏まえながら、「振り返り」をしていました。

中にはこんなお子さんもいます。小3男子のお子さんです。

得意な単元・好きな単元ばかりで、苦手な単元は、たった一つ!!イヤイヤぶっちゃけ、ホントかい?(;´Д`)ノ

あの単元も、その単元も、できてなかったよね!!なんて思っても、言わないでね!!(;^_^A

本人がこの単元「得意!」って思うことが大事ですから!!学年あがっても、頑張ろうね!!ワタナベ先生は全力で、応援しますよーー!!

母ちゃんも「片付けが得意」って思ってみたら?

ワタナベ
代表の渡辺千恵です。お子さんの学習面で心配や不安を感じたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

Copyright© キッズウィル , 2016-2019 All Rights Reserved.