キッズウィル

広島初!発達障害・グレーゾーンのお子様に「読み・書き・そろばん」を主に、個人の特性に合わせた学習をサポートしているキッズウィルです!モンテッソーリ教育も取り入れています。

体験会もまだですが、初級日程を公開します!なぜ講座をしようと思ったのか?熱い(暑い)思いも書いています!!

投稿日:2019/6/4 更新日:

こんにちは!

100人いれば、

100通りの学び方がある

発達障害児専門学習塾主宰

発達障害・パステルゾーンの学習・子育て支援

渡辺千恵です。

 

 

今日の広島は、

めちゃめちゃ暑かったです。

ただ、風もあって

日陰に入ると涼しさも感じられますが、

日向ではかなりの暑さ。

 

重度の障害を持つ末っ子の

水分補給が気になりますが、

そこは、

支援学校の先生!

 

ちゃんと気を付けて下さってます。

(学校での摂取量も書いてくださってますから

親としては安心です)

 

 

発達凸凹ちゃんの中には、

のどが渇いたのがわからない

お子さんがいます。

 

 

一人で進んでは飲まないので、

・担任の先生に声掛けをしてもらう

・20分間休憩の時には必ず飲む

・帰りにの会の後に飲む

(下校前にも水分補給)

など、いつ飲むのか?を

決めておくといいですね。

先生にお願いできるのなら

ぜひお願いしましょう!

 

 

 

そして、

水筒のお茶を飲んでいる形跡があったら、

先生にもお礼を言いましょうね。

「先生がお声がけしてくださったからです」って。

 

 

うん、

こういうの大事!

 

 

お礼をもらうと嬉しいし、

(先生も人の子です笑)

親のチェックがあることを知らせるサインにもなります。

(先生ーー、私チェックしてますからーーー

手を抜かないでねーーーー)のような笑

 

 

 

さて、

私が行う体験会ですが、

続々お申し込みをいただいています。

本当にありがたいことです。

 

 

でも、中には

体験会をすっ飛ばして

もう、初級を受けたいです!!など

前のめりのお声もいただいております!!

 

 

 

そこで!!

 

 

 

先に初級の講座日だけ紹介します!!ょ

*福岡7月15日(日曜)

*広島7月5日(金曜)

*東京7月9日(火曜)

4時間の講座です

 

この講座のお申し込みは、

6月9日(日)20:00より募集いたします

(ですから、もう少しお待ちくださいね)

 

 

その前に

なんで講座をするんですか?

と、思いませんか?

 

 

私がもしも講座を受けようと思ったら、

その人が

どんな思いで、

この講座を受けたらどうなるのか?

を知りたいと思います。

 

 

はい、知りたいです!

(お金も払うしね、そこはしっかり)

 

 

 

そこで、

ワタナベが、なぜ

この講座をしようと思ったのか?

を話していきたいと思います。

 

 

今では、

なんでも「ガハハ!!」と

笑えるワタナベですが、

ちょっと辛い子育てもしています。

そこからが始まりなので。

けっこう長いし、

暑い文章かもしれませんが

お付き合いくださいませ

 

 

 

 

私の第5子は

生まれたその日に障害あるといわれました。

生きる力が弱いので、

1歳の誕生日は考えないほうがいいい!とも。

 

 

大きな障害を持っているのなら、

この世に生まれてきた意味がない、

どうせ長生きできないなら、

情がわく前に死んでくれたほうがいい、

とさえ思っていました。

 

 

個人病院で出産したので、

末っ子に直接会ったのは、

生後10日目でした。

 

 

 

1458グラムという未熟児。

自分の力でミルクも飲めない。

息をするのも困難。

 

 

そんな障害を持った娘に会うのがつらくて、、、

 

 

 

でもね、

初めて新生児集中治療室に入って我が子を見たとき、

こんな声が聞こえてきたような気がしたんです。

 

「お母さん、私は私よ!」って。

 

 

本当に不思議なんですけど、

そんな声が聞こえてきて、

涙が止まりませんでした。

 

 

あなたは何もかもわかって生まれてきたのね。

 

 

もちろん、これが本当か?正しいか?と言われたら

私にはこたえられません

が、私には大きな一歩になったのは間違いないのです。

 

 

 

 

でもね、

やっぱり障害のある子の子育ては大変でした。

 

気管切開をしているし、

飲む力がないので、

鼻から胃までの管を入れているし、

痰の吸引や

管からの哺乳。

 

さらに上には4人の子どもがおり、

記憶がないほど。

 

 

唯一

トイレがゆっくりできた場所だったなあ、

という思い出はあります(笑)

 

 

 

1歳になるのがむつかしい、と言われた末っ子が

3歳になったころ、

この子にも何かできることがあるのでは?と思い

広島市の療育センターに通うことにします。

(通うと言っても、月2回程度ですけど)

 

 

同じクラスのお友達は、

みんな重度の障害のあるお子さん。

同じ思いを共有できた、

やっと話ができる人たちに会えた

そんなことがとても嬉しかったのを覚えています。

 

 

そうそう、あるある!

で、盛り上がって。

まるで、

女子高の部室のようでした。

(女子高を知らないけど、、、笑)

 

 

 

そこには、

お母さんと一緒だけど、一人で歩いてきている。

自分でご飯も食べている。

そんな、

私から見たら

「なんで来ているの?」と

不思議に思うようなお子さんが通っていました。

 

 

そのお子さんこそ

「発達障害」のお子さんだったのです。

 

 

長くなったので、

今日はここまで。

明日は

発達障害のお子さん

(学習障害のAちゃん)

のお話から入ります。

 

私が、

学習支援をしたい!ときっかけになったお子さんです。

 

 

それでは、

ここまで。

 

 

またねーーーーー!

 

 

 

 

このメルマガは、
私が、発達に特性のあるお子さんを見ていて
(広島で発達障害やグレーゾーンの学習塾をしています)

日々の事件や
困ったことや、
解決できたこと、などを
配信してまいります。

お子様の学習支援だけでなく、
保護者の方からの相談も増えてきましたので、
「お母さんあるある!」として、

「わーー、うちもです!」
「同じ悩みを持ってました!」

と、共感できる場にもなれたら、
とてもうれしく思います。

 

イベントのご案内

●このような方が対象です
発達障害やグレーゾーンのお子さんの学習に悩む保護者の方

●期待できる効果
特性に合った学習のポイントがわかります。子育てのイライラを手放せます!

 6/9学習・子育て支援講座 体験会【福岡】

 6/14学習・子育て支援講座 体験会【Zoom】

6/18学習・子育て支援講座 体験会【広島】

6/25学習・子育て支援講座 体験会【松山】

6/28学習・子育て支援講座 体験会【東京】

 

ワタナベ
代表の渡辺千恵です。お子さんの学習面で心配や不安を感じたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

Copyright© キッズウィル , 2016-2019 All Rights Reserved.